Vtuber活動に必要なPCのスペックは?活動内容ごとにパソコンの選び方を解説!

狐崎まめこ

こんにちは!
ボイトレVTuberの狐崎まめこ(concon_mameco)です。

今回は、Vtuberを始める際に必要となるパソコンのスペック(性能)についてお話します。

一口にパソコンと言っても、様々なブランドや価格帯があり、性能もピンキリなので、どれを購入すれば良いか迷いますよね。

その中でも、Vtuber活動をするにはどれくらいのスペックが必要となるのか、気になっている人も多いはず。

必要なスペックは、Vtuberモデルの作成方法や活動内容によっても変わってきます。

この記事では、Vtuber活動で使用する主なソフトのシステム要件をまとめていますので、ぜひPC購入の参考にしてみてくださいね!

目次

なぜVtuber活動にパソコンのスペックが関係するのか

クエスチョン

そもそも、なぜVtuberになるにはパソコンのスペックを考えなければいけないのでしょうか。

それは、基本的にVtuberの活動では、パソコンに負荷がかかる作業をすることが多いからです。

もちろん、今はスマホアプリも進化してきており、スマホだけでVtuberにもなることもできます。

とはいえ、スマホだけではVtuberとしてできることは限られます

Youtubeでの配信や本格的なゲーム実況、歌ってみたなどの音楽活動、VRイベントへの進出など、多岐にわたる活動を視野に入れているなら、ある程度のスペックの備わったパソコンが必要となるのです。

狐崎まめこ

Vtuber活動に使うソフトは、PCに高負荷をかけるものが多いんだ…!

Vtuber活動を行う際によく使われるソフトを抜粋し、それぞれの公式サイトで推奨しているPCのシステム要件をまとめました。

Vtuberの活動は、様々なソフトを同時に動かす場面が多いことを踏まえたうえで、自分にとって必要なPCスペックを考えましょう。

こちらで記載するものは、あくまでも2022年3月時点での推奨システム要件(もしくは最低システム要件)であり、必ずしも正常な動作を保証するものではありません。

各ソフトのアップデートが行われた際には、それまで対応していたスペックを持つPCでも非対応となる場合がありますので、ご注意ください。

詳細については、各公式HPをご参照ください。

モデルの見た目で考える

まず、Vtuberになる場合、モデルの見た目を2Dにするか、3Dにするかという問題があります。

2Dと3Dでは、使用するソフトが異なり、PCにかける負荷も変わります。

基本的には、2Dよりも動きの変化の多い3Dの方が、PCへの負荷が大きいと言われています。

PCへの負荷:2D<3D

それでは実際に、各ソフトでどの程度のスペックが必要になるのかを見ていきましょう。

2Dモデルを作る

2D モデルを自分で制作する際に使うソフトで必要なスペックをまとめました。

ここでは、「Adobe Photoshop」「CLIP STUDIO PAINT」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

Adobe Photoshop

出典元:Adobe Photoshop

画像編集ソフトとして群を抜いて人気なのがAdobe(アドビ)の「Photoshop(フォトショップ)」。

写真の加工・編集だけでなく、イラストを制作する場合にもよく使われるツールです。

WindowsMac
プロセッサー・64ビットをサポートしているIntelまたはAMDプロセッサー
・SSE4.2以降の2 GHz以上のプロセッサー
・64ビットをサポートしているIntelプロセッサー
・SSE4.2以降の2GHz以上のプロセッサー
オペレーティングシステムWindows 10 64ビット(バージョン 1909)以降、LTSC バージョンはサポートされていませんmacOS 10.15 Catalina
RAM16GB16GB
グラフィックカードDirectX12をサポートしているGPUMetalをサポートしているGPU
モニター解像度1920×10801920×1080
ストレージ空き容量16GB 16GB

CLIP STUDIO PAINT

出典元:

WindowsMac
プロセッサー・SSE2に対応したIntel
・AMD製CPU
・Intel製CPU
・Apple M1/M1X
オペレーティングシステムWindows 8.1macOS 10.14 Mojave
RAM8GB8GB
グラフィックカードOpenGL2.1OpenGL2.1
モニター解像度1280×7681280×768
ストレージ空き容量3GB3GB
ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

2Dモデルを動かす

2D モデルを動かす際に使うソフトで必要なスペックをまとめました。

ここでは、「Live2D Cubism Editor」「Adobe Character Animator」「VTube Studio」「Animaze by FaceRig」という4つのソフトを例に挙げて説明します。

Live2D Cubism Editor

出典元:Live2D Cubism Editor

WindowsMac
プロセッサーIntel Core i7Intel Core i7
※Apple M1チップは正常に動作しない可能性有
オペレーティングシステムWindows8.1macOS 10.14 Mojave
RAM8GB8GB
グラフィックカードOpenGL3.3OpenGL3.3
モニター解像度1920×10801920×1080
ストレージ空き容量約400MB約400MB
【Live2D Cubism】
Live2D用モデルの制作依頼をするなら、Live2D公式マーケット【nizima】がおすすめです

「nizima」は、Live2Dモデルの購入/オーダーメイドができるLive2D公式マーケットです。

自分でイラストを描くのが苦手な方、特にLive2DでのVtuberモデル作成を検討している方は、「nizima」で依頼すると良いでしょう。

オリジナルVTuberモデルを購入するなら【Live2D公式マーケット nizima】

Adobe Character Animator

出典元:Adobe Character Animator

WindowsMac
プロセッサー64 ビット対応マルチコアプロセッサ64 ビット対応マルチコアプロセッサ
オペレーティングシステムWindows 10macOS 10.15 Catalina
RAM16GB16GB
グラフィックカードOpenGL3.2をサポートする最新の認定グラフィックスドライバー OpenGL3.2をサポートするGPU
モニター解像度1920×10801920×1080
ストレージ空き容量3 GB3GB

VTube Studio

出典元:VTube Studio

WindowsMac
プロセッサー64 ビットプロセッサ、AMD / Intel CPU running at 2.5 GHz or higher64 ビットプロセッサ、Intel Core i7
オペレーティングシステムWindows 10macOS 10.15 Catalina
RAM6GB6GB
グラフィックカードAMD/NVIDIA graphic card4GB VRAM
ストレージ空き容量4GB4GB

Animaze by FaceRig

出典元:Animaze by FaceRig

WindowsMac
プロセッサーIntel Core i5-6600 3.3 GHz or equivalent
オペレーティングシステムWindows 10
RAM1GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX980 or equivalent
ストレージ空き容量1GB

イラスト制作依頼についての関連記事はこちら

3Dモデルを作る

3D モデルを自分で制作する際に使うソフトで必要なスペックです。

ここでは、「Blender」「VRoid Studio」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

Blender

出典元:Blender

「blender」は、無料で3DCGや2Dアニメーションなどが製作できるソフトです。

誰でもダウンロードできますが、初心者にとっては操作が難しく、ある程度の専門知識も必要です。

WindowsMac
プロセッサー64ビット8コアCPU・Intelプロセッサ用のバージョン
10.13
・Armベースのプロセッサ(Appleシリコン)用のバージョン11.0
オペレーティングシステム言及なし
※ただし、最新版でのWindows 7のサポートはなし
上記参照
RAM32GB32GB
グラフィックカード8GBのRAMを搭載したグラフィックカード8GBのRAMを搭載したグラフィックカード
モニター解像度2560×14402560×1440

VRoid Studio

「VRoid Studio」は、3D制作の知識がない方でも3Dモデルを作ることができるソフトです。

狐崎まめこ

私も、「VRoid Studio」でモデルを自作しました!

出典元:VRoid Studio

WindowsMac
プロセッサー・Intel Core i5 第6世代
・AMD Ryzen 5 第3世代
Intel Core i5 第6世代
オペレーティングシステムWindows 8.1macOS 11.0 Big Sur
RAM8GB8GB
グラフィックカードIntel Iris Graphics 540
ストレージ空き容量10GB10GB

※Macは2015年以降発売モデルが対象

3Dモデルを動かす

3D モデルを動かす際に使うソフトで必要なスペックです。

ここでは、多くのVtuberも使用している「3tene FREE V2」「Virtual Cast」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

3tene FREE V2

出典元:3tene FREE V2

WindowsMac
プロセッサーIntel Core i5-4590Intel Core i5-4590
オペレーティングシステムWindows10macOS 10.14 Mojave
RAM4GB4GB
グラフィックカード・NVIDIA GeForceシリーズ
・AMD RADEONシリーズの外部GPU
・NVIDIA GeForceシリーズ
・AMD RADEONシリーズの外部GPU

Virtual Cast (バーチャル キャスト)

出典元:Virtual Cast

WindowsMac
プロセッサー・Intel Corei5-8400
・AMD Ryzen 5 2600X
オペレーティングシステムWindows10
RAM16GB
グラフィックカードNVIDIA RTX2070 の同等品以上

※現時点では、Mac非対応のようです。

2D/3Dモデル・キャラデザ・イラスト・ロゴ制作依頼ならココナラがおすすめ!

動きの範囲で考える

動きの範囲は表情だけか、上半身だけか、全身かによってもPCへの負荷が変わります。

主なVR機器でどの程度のスペックが必要となるのか、見ていきましょう。

VR機器を使う

VR機器を使う際に必要となるスペックです。

ここでは、「Leap Motion」「VIVE Pro」という2つのVR機器を例に挙げて説明します。

Leap Motion

出典元:Leap Motion

「Leap Motion」は、指先~腕までをトラッキングして、モデルの動きに反映できるVR機器です。

狐崎まめこ

私もVtuber活動で愛用しているよ!

WindowsMac
オペレーティングシステムWindows 7Mac OS X 10.7 Lion

「Leap Motion」はひとまず、上記以上のOS/スペックを持つPCなら、対応可能のようです。

そもそもVR機器といっても、Leap Motion自体のトラッキング範囲は指先~腕までと狭いです。

そのため、LeapMotion単体としては、さほどスペックの高さを求められないのかもしれません。

Leap Motionについての関連記事はこちら

VIVE Pro

出典元:VIVE Pro

VIVE Proは、オールマイティーに使えるVRヘッドセットです。

VIVEトラッカーを追加することで、お腹や足などのトラッキングも可能になります。

WindowsMac
プロセッサー・Intel Core i5-4590
・AMD FX 8350
オペレーティングシステムWindows 8.1
RAM4GB
グラフィックカード・NVIDIA GeForce GTX 1060
・AMD Radeon RX 480

現時点では、Mac非対応のようです。

やはりVR機器を使う場合は、Windowsに軍配が上がっているような気がします。

また、VIVE公式HPでご自身のPCが対応しているかどうかのテストができるので、購入を検討されている方はチェックしてみると良いでしょう。

PCテストの方法についてはこちらをご覧ください。

(ページ準備中です。今しばらくお待ちください。)

活動内容で考える

Vtuberとしての活動内容ごとに必要となるスペックを見ていきましょう。

配信ソフトを使う

配信ソフトは、VtuberとしてPCで活動するなら絶対に必要なソフトです。

ここでは、Vtuberや配信者によく使われている「OBS Studio」というソフトを例に挙げて説明します。

OBS Studio

出典元:OBS Studio

WindowsMac
プロセッサーIntelまたはAppleシリコンCPU
オペレーティングシステムWindows 8.1macOS 10.13 High Sierra
グラフィックカードDirectX10.1OpenGL3.3

OBS Studio自体は、比較的高スペックPCでなくても作動するようです。

ただ、配信ソフトは他のソフトと同時に使用することが多いので、上記のスペックだけではPCが持たないと思っていた方が良いでしょう。

動画編集をする

Vtuberの主な活動として、動画配信が挙げられます。

動画を編集する際に使用するソフトがどれくらいのスペックを必要としているのかを見ていきましょう。

ここでは、「Adobe Premiere Pro」「Filmora」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

Adobe Premiere Pro

出典元:Adobe Premiere Pro

「Adobe Premiere Pro」は、多くの配信者やYouTuber、はたまた動画編集のプロも使用するソフトです。

Adobe製品ということもあり、信頼性は高いです。

ソフトは、月単位/年単位のサブスクリプション購入になるので、使用期間は料金が発生し続けるのが少しネックかもしれません。

WindowsMac
プロセッサー・Quick Sync 搭載の Intel 第 7 世代
・AMD Ryzen 3000 シリーズ/Threadripper 2000 シリーズ
・Intel 第 7 世代
・Apple シリコン M1
オペレーティングシステムWindows 10macOS 10.15 Catalina
RAM16GB16GB
グラフィックカードHD
モニター解像度1920×10801920×1080
ストレージ空き容量8GB8GB

Filmora

出典元:Filmora

「Filmora」はサブスク購入だけでなく、永続ライセンスの買い切りもできるので、長期的にみるとかなりお得かと思います。

狐崎まめこ

Filmoraは私も使っている動画編集ソフトです!

私自身、ほかの動画編集ソフトを使ったことがないので比較はできないのですが、「Filmora」を3年ほど経ちますが、他のソフトに乗り換えたいと思ったことは一度もありません。

お得に動画編集を始めたいなら、おすすめのソフトです。

WindowsMac
プロセッサーIntel Core i3・Apple M1
・Intel Core i3
オペレーティングシステムWindows 8 (64-bit)macOS 10.13 High Sierra
RAM4GB4GB
グラフィックカード・Intel HD Graphics 5000
・NVIDIA GeForce GTX 700
・AMD Radeon R5 240
・Intel HD Graphics 5000
・NVIDIA GeForce GTX 700
・AMD Radeon R5 240
ストレージ空き容量1.2GB1.2GB

ゲームをする

Vtuberとして、『ゲーム実況をやりたい』と思っている方も多いと思います。

ゲームソフト自体がどれくらいのスペックを必要としているのかを見ていきましょう。

ここでは、ゲーム実況で人気の「APEX」「フォートナイト」という2つのゲームを例に挙げて説明します。

Apex Legends

出典元:Apex Legends

WindowsMac
プロセッサーIntel i5 3570T
オペレーティングシステムWindows 7 64ビット版
RAM8GB
グラフィックカード・Nvidia GeForce GTX 970
・AMD Radeon R9 290
ストレージ空き容量22GB

現時点では、Mac非対応のようです。

「APEX」を使ってゲーム実況をしたい方は、選ぶPCはWindows一択になるでしょう。

フォートナイト

出典元:フォートナイト

WindowsMac
プロセッサー・Core i5-7300U 3.5 GHz
・AMD Ryzen 3 3300U
Core i5-7300U 3.5 GHz
オペレーティングシステムWindows 10 64-bitmacOS 10.14 Mojave
RAM8GB8GB
グラフィックカード・Nvidia GTX 960
・AMD R9 280
または同等のDX11対応GPU
AMD R9 280
または同等のDX11対応GPU
※Mac上のNvidiaグラフィックボードのサポートはなし

「フォートナイト」はMacにも対応しているようなので、「フォートナイト」を使ってゲーム実況をしたい方は、Windows/Macのどちらを選んでもよさそうです。

音楽編集をする

Vtuberの中には、「歌ってみた」や「弾いてみた」など、音楽活動を視野に入れている方も多いと思います。

狐崎まめこ

私もそのうちの一人です!

音楽活動をする際、音楽編集ソフトやマイクなどの機材が必要になります。

ここでは、主な音楽編集ソフトである「Pro Tools」「Cubase Pro」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

Pro Tools

出典元:Pro Tools

プロのスタジオにも数多く導入されていて、業界標準と言われている音楽編集ソフトが、「ProTools」です。

値段もそこそこで、扱うにはそれなりの技術も必要ですが、「ProTools」があればかなり高機能な編集ができるでしょう。

ただ、海外発祥のツールのため、慣れるまでは操作が難しく感じるかもしれません。

WindowsMac
プロセッサーIntel Core i5・M1
・Intel Core i5
オペレーティングシステムWindows 10macOS 10.14 Mojave
RAM16GB16GB
ストレージ空き容量15GB15GB

Cubase Pro

出典元:Cubase Pro

音楽制作やDTM(作曲)などでよく使用されているのが「Cubase」です。

こちらは音楽業界で世界シェアトップを誇る『YAMAHA』の傘下である『スタインバーグ社』が開発したソフトです。

会社としての信頼性も高く、初めて音楽編集をする場合には、「Cubase」が扱いやすくて良いのではないかと思います。

WindowsMac
プロセッサー・Intel Core i5 (第4世代)
・AMD Ryzen
・Intel Core i5 (mid 2013 以降)
・Apple シリコン
オペレーティングシステムWindows 10 Version 21H2macOS 11.0 Big Sur
RAM8GB8GB
グラフィックカード・AMD R, RX シリーズ
・NVIDIA Series 700
Metal対応グラフィックカード
モニター解像度1440×9001440×900
ストレージ空き容量70GB70GB
狐崎まめこ

私は、オーディオ・インターフェースに付属していた「Cubase AI」を使用しています!

VRソフトを使う

Vtuberとして、VRの世界に足を踏み入れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

VRの世界で活動していくためには、VRソフトやVRプラットフォームに対応できるPCスペックが必要となります。

ここでは、主なVRプラットフォームである「VRCHAT」「cluster」という2つのソフトを例に挙げて説明します。

VRCHAT

出典元:VRCHAT

アメリカの企業によって運営が行われているソーシャルVRプラットフォームです。

国内外を問わず多くの利用者に支持され、ワールドの規模が大きくハイクオリティなバーチャル空間であることが特徴です。

WindowsMac
プロセッサー・Intel i5-4590
・AMD FX 8350 equivalent or greater
オペレーティングシステムWindows 8.1
RAM4GB
グラフィックカード・NVIDIA GeForce GTX 970
・AMD Radeon R9 290 equivalent or greater
ストレージ空き容量1GB

現時点では、Mac非対応のようです。

海外の利用者も多い「VRCHAT」を活動の拠点とするには、Windowsを選んだ方がよさそうですね。

cluster

出典元:cluster

「cluster」はiOSアプリもあるVRプラットフォームで、誰でも簡単に利用できるのが特徴です。

WindowsMac
プロセッサー・Intel Core i5-4590
・AMD FX 8350
Intel Core i5
オペレーティングシステム言及なし言及なし
※Apple M1はRosetta2が拡張命令セット「AVX」に非対応のためサポートなし
RAM8GB8GB
グラフィックカードIntel Iris Graphics 540Intel Iris Graphics 540
ストレージ空き容量2GB2GB

OSはWindowsかMacか?

そもそもの問題で、WindowsかMacか、迷っている方も多いはず。

狐崎まめこ

私も当初は、どちらにするか迷いました…

ずっとWindowsしか触ってこなかった私としては、Macに憧れがあり『これを機にMacにしようかな!?』とも思っていました。

ただ、世界シェア率としてはやはりWindowsの方が高く、Mac非対応のソフトもある関係で、結局は無難なWindowsを選びましたが、Vtuber活動を行う上ではこの選択は間違っていなかったと思います。

Vtuberの活動では、さまざまなソフトを同時に動かしたり、VR機器を操作したりと、PCに高負荷をかける作業が多くなります

その分、PC自体の値段も上がることとなりますので、コスパ的に考えてもWindowsの方が軍配が上がっているように思います。

なかでもゲーミングPCは、Vtuber活動との相性が抜群です。

私の場合、ゲームをする予定は特にありませんでしたが、ひとまずやりたいことを網羅できそうな【ゲーミングPC】を購入しました。

狐崎まめこ

Vtuber活動をするならWindowsがおすすめ!対応ソフトも多いよ

PC購入と一緒に揃えておきたいもの

Vtuberを始める際に、パソコン購入と同時に揃えておきたい周辺機器を一覧にまとめました。

活動内容によっても必要となるものは異なりますが、参考にしていただければと思います。

  • WEBカメラ
  • マイク
  • マイク周辺機材
  • ペンタブ/液タブ
  • サブモニター
  • インターネット配信環境

WEBカメラ

自分の動きを画面上のVtuberモデルに投影するために必要となります。

マイク

Vtuberモデルの口の動きに自分の音声を合わせて収録するために必要となります。

マイク周辺機器

コンデンサーマイク/ダイナミックマイクなど、プロ仕様の高機能マイクを使用する場合は、マイク本体と併せて周辺機器も必要となります。

ペンタブ/液タブ

自分でイラストやモデルを制作する際に、必要となります。

サブモニター

様々な活動をするVtuberは、メインモニター一つでは作業がしづらいため、サブモニターがあると便利です。

配信に必要な機材についての関連記事はこちら

インターネット配信環境

いくらPCや機材が揃っていても、インターネット配信環境がなければ、Vtuber活動をするのは難しいでしょう。

ポケットWi-Fiでも活動できなくはないですが、通信速度が遅すぎるため、個人的にはおすすめできません。

狐崎まめこ

実際に私がめちゃめちゃ苦労しています…

Vtuber活動を円滑に行うには、やはり光回線が良いと思います。(これはまじで確実!!)

キャッシュバックなどのキャンペーンを使えばお得に光回線を契約できるので、タイミングを狙って申し込むと良いでしょう。

WEBお申込み特典!最大79,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

筆者がVtuber活動で実際に使っているPCのスペック

実際に、Vtuberの私が使っているPCのスペックはどんな感じなのか、参考までに書いてみます。

初期

当初は、普段ネットサーフィンなどをするためにもともと所有していたクソザコノートPC()でVtuber活動を始めました。

購入当時は5万円くらいの、最低限のスペックをもつノートPCでした。

通常使用する分には特に不便さはありませんでしたが、Vtuber活動に関する作業をする際は、作業効率が悪くてかなり苦労しました

当時のノートPCのスペックがこちらです。

型番/システムモデルAspire E1-531
プロセッサーIntel Celeron CPU 1005M @ 1.90GHz
オペレーティングシステムWindows 8.1(64bit)
RAM4GB
グラフィックカードIntel HD Graphics
モニター解像度1366×768

現在

クソザコノートPC()では作業効率が悪すぎて、「これじゃ一向にVtuber活動が進められない!!!」となったため、すぐに新しくスペックの良いPCを購入することにしました。

狐崎まめこ

ノートPCでもできなくはなかったけど、画面はよく固まるしモデルの動きはカクカクだし…で、このまま続けるのは無理だと感じました

本格的にVtuber活動をしようと決めた際に購入したデスクトップPCのスペックはこちらです。

型番/システムモデルG-GEAR eX.computer Gaming Series
プロセッサーAMD Ryzen 5 3600 6-Core Processor 3.60 GHz
オペレーティングシステムWindows 10 Home(64bit)
RAM16GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 1650
モニター解像度1920×1080

当時は、自分がこれからどんな活動をしていくのかが明確ではなかったので、汎用性の高いゲーミングPCを購入しました。

狐崎まめこ

後々、高スペックを要求する活動をしたいと思ったときに、PCのスペック不足による後悔はしたくありませんでした

今は、何をするにもサクサク動くゲーミングPCを購入して、本当に良かったと思っています!

よくある質問

よくある質問
高スペックPCじゃないとVtuberにはなれませんか?

なれなくはないです。

実際、私も昔は低スペックのノートPCを使っていました。

ですが、動きがカクカクしたり、PCが途中で落ちたりと、作業効率が悪すぎました。

高スペックPCに変えてからはストレスなく作業に集中できるので、やはりおすすめは高スペックPCです。

安くて性能の良いものはどれ?

どのPCが良いのかを考えるのも面倒ですよね。

そんなときは、「ゲーミングPC」やBTO メーカー等で販売されている「VTuber 配信用 PC 」を検討してみるのが良いでしょう。

コンパクトでおしゃれなゲーミングPCなら【PCショップASP】
Macbookでも大丈夫?

ゲームにはWindowsの方が強いので、ゲーム実況をメインにするなら、やはりWindowsがおすすめです。

ただ、動画編集や音楽活動がメインなら、Macでも比較的問題ないのではと思います。

ただ、Macだと非対応ソフトも多いので、ご自身の目指す活動に対応できるMac用ソフトがあるかを吟味してから決めるのが良いと思います。

結局どれを選べば良いの?

とりあえず、ゲーミングPCなら最強です!(ざっくり)

選び方が分からない場合や、これからどんな活動をしていくかが不明瞭な場合は、とりあえずゲーミングPCを買うに越したことはないのではと思います。(私も似たようなものでした)

ブランドにこだわらなければ、10万円程度でそこそこ性能の良いデスクトップPCを入手できると思います。

やっぱりノートPCよりはデスクトップの方が良い?

コスパを考えるなら、やはりデスクトップPCの方が良いでしょう。

ただ、最近は以下のようなゲーミングノートPCも販売されているため、外に持ち出せるノートPCの方が良い方は、ゲーミングノートPCを検討してみても良いかもしれませんね。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Vtuber活動に必要なパソコンのスペックについてお話しました。

もちろん高性能であればあるほど良いに越したことはありませんが、自分の身の丈に合う価格帯を選ぶことも重要ですし、どんな活動をしていきたいかによっても選ぶ基準は変わってきます。

また、Vtuber活動は様々なソフトや機材を同時に使用することが多いので、なるべく予算に余裕があるのであれば、より上位のCPU や GPU を選ぶと良いでしょう。

PC は活動の根幹になる機材ですので、後悔のないよう、選ぶことをおすすめします。

まずは、自分の目的とするVtuber像をしっかりと描き、それに見合ったスペックのPCを探してみましょう。

多くの方が、スムーズにご自身の思い描くVtuber活動ができるよう、願っています。

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる