【銀座カラー倒産】ミュゼプラチナムによる銀座カラー救済プラン「引継ぎ支援制度」

当ページのリンクには広告が含まれています。
まめこ

こんにちは!
ブロガーのまめこ(concon_mameco)です。

2023年12月15日、脱毛サロン「銀座カラー」に通っていた会員たちに衝撃が走りました。

「銀座カラー倒産」

私自身、2019年から銀座カラーの会員で、現在も通っている身だったのかなりショックでした。

まめこ

すでに次の予約も取っていたのに…。

銀座カラーの「永年通うことができる」という内容に魅力を感じたため、当時ウン十万円という大金をはたいて全身脱毛の契約をしました。

これまで契約してから毎回欠かさず最短日時で次の施術予約をし、休むことなくずっと通っていました。(さながら模範学生のよう)

しかしこの日、銀座カラー会員に送られていた「破産についてのメール」は届かず、X(旧Twitter)のトレンドで「銀座カラー倒産」の文字を見てその事実を知り、愕然。

このメールは、契約日が2年以内の会員のうち一定の「対象会員」にのみ送られており、契約時期が2年以上前の私は今回の破産のメールを送る対象にはならなかったそうです。

まめこ

なんでやねん!契約上は一応まだ会員やぞ!怒

これまで銀座カラーに18回ほど通っていた私は、ある程度脱毛効果に満足していたものの、施術したい箇所はまだたくさん残っていました。

しかし代金の支払いはとうに終えているため、「私のような会員には返金や救済措置はないだろうな…。」と諦めていました。

ところが…!

目次

なんと!!!

「一般社団法人日本エステティック経営者会(JEM)」からの要請を受け、いくつかの脱毛サロンが「銀座カラー会員のための救済プラン」を立ち上げてくれたとの情報が入りました!

脱毛サロン銀座カラー会員で脱毛サービスを完了してない方のために当会会員店舗に協力要請を出したところ、以下企業にて【優遇措置】が提供されることとなりました。
【優遇措置】の内容は各会員店舗で異なりますので下記URLもしくはお電話にてお問合せください。
当協会の事務局には問い合わせ窓口は設置しておりませんので事務局への直接のお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

https://www.je-management.or.jp/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/4202.html

その脱毛サロンとは、「ストラッシュ」「医療提携サロンリッツ」「美容脱毛ビー・エスコート」「エステティックサロンシェアラ」、そして業界大手の「美容脱毛サロンミュゼプラチナム」の5社。

ちなみに私は昔、脱毛サロン大手のミュゼプラチナムにも通っていたことがあり、現在も会員資格が残っていたためか、ミュゼプラチナムから救済措置を開始する旨のメールが届きました。

まめこ

えっ、まじかミュゼ!

ということで、早速ミュゼプラチナムの救済プランに申し込んでみたので、その方法を共有したいと思います。

ミュゼプラチナムから発表された、銀座カラー会員への救済プラン内容は以下の通りです。

<引き継ぎ支援制度>

  • ■内 容:銀座カラーの全身脱毛コースでお支払いされた契約金額を全額※値引きいたします。
    ※上限256,000円
  • ■期 間:《一次受付》2023/12/19~12/30
    ※受付数に限りがございますので、2024年1月以降の実施につきましては未確定となります。
  • ■対 象:旧銀座カラー会員であり、上記期間内でご来店された方。
  • ■条 件:旧銀座カラー会員であったことが証明できる内容をご提示いただける場合に限る。
    (契約書、会員証、予約受付メール、管財人からのメールもしくはSMSなど)
  • ※ご来店時に、受付スタッフへ「旧銀座カラー会員」であることをお伝えください。
  • ※ご提供内容は一部条件がございます。
https://musee-pla.com/news/2023/12/19/info

こちらを見る限りでは、現座カラーでの契約時期や契約内容については指定されておらず、おそらく銀座カラーに通っていた会員《全員》が対象となっているように思います。

銀座カラーで契約期間中だった人は、確実にこの制度の対象者といえるでしょう。

そして契約期間は満了扱いになっているけど延長保証で契約継続中だった人にも、もしかしたらチャンスがあるのではないでしょうか?

まめこ

確定はできないけど、もしそうなら本当にありがたすぎる…。

ただ、契約満了かつ延長保証の申し出(継続の契約)をしていない方は、どのような扱いになるかは不明です。

引継ぎ支援制度の詳細には、《一次受付》と記載があります。

ミュゼプラチナムも慈善事業ではないので、期間を指定して、ある程度の人数制限をするのは致し方ないですね。

ただ今後、二次、三次…と受付が開始される保証はありませんので、可能であればこの期間に申し込むのが良いでしょう。

この一次受付の期間は【2023年12月19日~12月30日】となっており、この期間中に来店をしなければならないとのこと。

ド年末の慌ただしい時期に被ってしまっているのがなんとも不遇ではありますが、銀座カラー倒産の時期が時期だけに、仕方ありません。

救済措置を取ってくれるだけでありがたい。超~~~ありがたい。

もしお近くにミュゼプラチナムの店舗があり、この期間内に足を運べる方は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

ミュゼプラチナムの引継ぎ支援制度への申し込み方法は、以下の2種類です。

  • インターネットからの申し込み
  • 電話からの申し込み

ちなみにこちらはミュゼプラチナム初めて利用する人向けの申し込み方法です。

ミュゼプラチナムすでに会員になっている人は別の方法で申し込みをする流れとなりますので、また改めて解説します。

出典元:ミュゼプラチナム
STEP
公式サイトの「無料カウンセリング予約」をクリック

ミュゼプラチナムの公式サイトにある【無料カウンセリング予約】から申し込みフォームへ移動します。

STEP
希望する店舗を選択

ミュゼプラチナムでカウンセリングを希望する店舗を選びます。

こちらで選ぶ店舗は最初のミュゼプラチナムでカウンセリング(説明・申し込み)をするための店舗で、実際の施術に関しては、その都度好きな店舗を選ぶことができます。

もちろんカウンセリングをした店舗で施術を受けることも可能です。

STEP
希望する日時を選択

希望したミュゼプラチナムの店舗の現時点での空き状況が表示されるので、その中で都合の良い日時を選択します。

※日時は30分単位で選択可能

※カウンセリング時間の目安は約60分(人によります)

STEP
個人情報を入力する

氏名(フリガナ)、生年月日、電話番号、メールアドレスを入力し、施術経験の有無と脱毛箇所、最後に脱毛した時期、ミュゼプラチナムでの施術希望箇所を選択します。

そして、この次に表示されている「お申し込みのきっかけ」を選ぶ欄で、【引継ぎ支援制度(銀座カラー)】を選択します。

最後に「個人情報の取り扱いについて」を確認し、同意ボタンを押した上で、【予約内容を確認】のボタンを押します。

STEP
予約の最終確認

予約した内容が表示されるので、内容に間違いがないかを確認し、

「この内容で申し込む」ボタンを押せば、カウンセリング予約が完了します。

STEP
予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗へ行く

予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗に来店し、カウンセリングを受けます。

※この時、銀座カラーの会員であった証明が必要になるため、それを証明できるもの(契約書、会員証、予約受付メール、破産管財人からのメールなど)を忘れずに持っていきましょう。

ミュゼプラチナムの引継ぎ支援制度の内容には「銀座カラーの全身脱毛コースでお支払いされた契約金額を全額(※上限256,000円)値引き」と記載されているので、契約金額が分かる契約書を持っていくのが一番良いのではと思います。

STEP
ミュゼプラチナムのカウンセリング予約電話番号に電話をかける

ミュゼプラチナムのカウンセリング予約電話番号「050-3499-7830」に電話をします。

STEP
「引継ぎ支援制度」の利用を希望する旨を伝える

電話口にて、銀座カラーの「引継ぎ支援制度」を利用したい旨を伝えます。

STEP
希望する店舗や日時を調整する

ミュゼプラチナムでカウンセリングを希望する店舗や日時の空き状況を確認し、予約をします。

STEP
必要事項の伝達

その他、氏名や電話番号など、予約に必要な個人情報を伝え、予約を確定します。

STEP
予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗へ行く

予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗に来店し、カウンセリングを受けます。

※この時、銀座カラーの会員であった証明が必要になるため、それを証明できるもの(契約書、会員証、予約受付メール、破産管財人からのメールなど)を忘れずに持っていきましょう。

ミュゼプラチナムの引継ぎ支援制度の内容には「銀座カラーの全身脱毛コースでお支払いされた契約金額を全額(※上限256,000円)値引き」と記載されているので、契約金額が分かる契約書を持っていくのが一番良いのではと思います。

以上がミュゼプラチナムによる「引継ぎ支援制度」のカウンセリング予約の流れです。

私もそうなのですが、銀座カラーに通う前はミュゼプラチナムで両ワキ脱毛を契約しておりました。

そしてその後、銀座カラーで全身脱毛を契約したため、ここ7年間くらいはミュゼプラチナムに通ってはいませんでした。

ですが一応、ミュゼプラチナムの会員資格は残ったままだったのです。

このような場合、今回のミュゼプラチナムの救済措置が使えるのかどうかはわからないですよね。

まめこ

まだミュゼプラチナム会員とはいえど、もうずっと通ってないし…。

ミュゼプラチナムの公式サイトを見ても、条件には「旧銀座カラー会員であり…」としか記載がありません。

まめこ

これは、私、詰んだ…?

と思いましたが、

まめこ

いや、そもそもミュゼプラチナムの会員である私にメールが届いたんだし、使えないことはないはずだ!

と思い、メールを見返したところ、

※すでにミュゼ会員さまの場合、公式アプリ・会員サイトの各種ご相談の予約( http://fc7506.cuenote.jp/c/aE7qfCkx7WrCdHbG )もしくは上記のお電話にてご予約ください。 

http://fc7506.cuenote.jp/c/aE7qfCkx7WrCdHbJ

の記載を発見。

ということで、「ミュゼプラチナムの会員でも、銀座カラー会員だった人はひとまず相談できるっぽい!」ということがわかりました。(ミュゼプラチナムの会員でない人と同じ救済プランを使えるのかどうかは不明ですが)

ということで、私はミュゼプラチナムの会員サイトにログインをして、カウンセリングの予約をしてきました。

その際、少し分かりづらかった【各種ご相談の予約】ページに辿り着くまでの方法をお伝えしますね。

STEP
ミュゼプラチナムの会員サイト・アプリにログイン

ミュゼプラチナムの会員サイト・アプリにログインします。

ログインIDは、「ミュゼプラチナムの会員番号」か「登録メールアドレス」です。

パスワードは登録時に任意で設定したものになるので、パスワードを忘れてしまった場合は「パスワードを忘れた方はこちら」を押して再発行するか、電話で予約をすることになります。(カウンセリング予約電話番号「050-3499-7830」)

STEP
TOPページにある「予約」をタップ

TOPページの上段に表示される【予約】、もしくは下段メニューの【予約】をタップします。

STEP
【各種ご相談の予約】をクリック

現在のミュゼプラチナムでの予約状況が確認できる画面になるので、その下に表示される【各種ご相談の予約】をタップします。

STEP
注意事項を読んで、進む

予約に際しての注意事項がポップアップ表示されるので、内容を確認し、同意したら【進む】ボタンをタップします。

STEP
希望する店舗と日時を選択

ミュゼプラチナムで相談を希望する店舗(第2希望まで)と日時を選択し、【この条件で検索する】をタップします。

STEP
検索結果から希望の条件を選択する

希望店舗と希望日時を照合した候補が表示されるので、その中から希望する空き枠を選択します。

※希望条件に合う空き情報がない場合、「該当する候補が見つかりません」と表示されるので、【条件を変更する】ボタンをタップして、店舗や日時の希望条件を変更した上で再度検索してください。

STEP
予約内容を確定する

予約内容の確認画面に移行するので、内容を確認し、【予約確定】ボタンをタップします。

STEP
予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗へ行く

予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗に来店し、カウンセリングを受けます。

※この時、銀座カラーの会員であった証明が必要になるため、それを証明できるもの(契約書、会員証、予約受付メール、破産管財人からのメールなど)を忘れずに持っていきましょう。

ミュゼプラチナムの引継ぎ支援制度の内容には「銀座カラーの全身脱毛コースでお支払いされた契約金額を全額(※上限256,000円)値引き」と記載されているので、契約金額が分かる契約書を持っていくのが一番良いのではと思います。

STEP
ミュゼプラチナムの会員サイトにログイン

ミュゼプラチナムの会員サイトにログインします。

ログインIDは、「ミュゼプラチナムの会員番号」か「登録メールアドレス」です。

パスワードは登録時に任意で設定したものになるので、パスワードを忘れてしまった場合は「パスワードを忘れた方はこちら」を押して再発行するか、電話で予約をすることになります。

STEP
会員メニューの中にある「お手入れ予約・変更」をクリック

画面左側に表示されるメニュー「サイトご利用状況」の中の「次回のご予約」の下にある【お手入れ予約・変更】をクリックします。

STEP
【各種ご相談の予約】をクリック

ミュゼプラチナムでの現在の予約状況が確認できる画面になるので、その下に表示される【各種ご相談の予約】をクリックします。

STEP
注意事項を読んで、進む

予約に際しての注意事項がポップアップ表示されるので、内容を確認し、同意したら【進む】ボタンをクリックします。

STEP
希望する店舗と日時を選択

ミュゼプラチナムで相談を希望する店舗(第2希望まで)と日時を選択し、【この条件で検索する】をクリックします。

STEP
検索結果から希望の条件を選択する

希望店舗と希望日時を照合した候補が表示されるので、その中から希望する枠を選択します。

※希望条件に合う空き情報がない場合、「該当する候補が見つかりません」と表示されるので、【条件を変更する】ボタンを押して、店舗や日時の希望条件を変更した上で再度検索してください。

STEP
予約内容を確定する

ご予約内容の確認画面に移行するので、内容を確認し、【予約確定】ボタンをクリックします。

STEP
予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗へ行く

予約日時にミュゼプラチナムの予約店舗に来店し、カウンセリングを受けます。

※この時、銀座カラーの会員であった証明が必要になるため、それを証明できるもの(契約書、会員証、予約受付メール、破産管財人からのメールなど)を忘れずに持っていきましょう。

ミュゼプラチナムの引継ぎ支援制度の内容には「銀座カラーの全身脱毛コースでお支払いされた契約金額を全額(※上限256,000円)値引き」と記載されているので、契約金額が分かる契約書を持っていくのが一番良いのではと思います。

以上の流れで予約ができます。

私も、ミュゼプラチナムの「引継ぎ支援制度」についてはまだ申し込みをした段階で、実際にどのような扱いになるのか分からないため、はっきりしたことは言えません。

ただ、ミュゼプラチナムの「引継ぎ支援制度」の詳細には「受付数に限りがある」「提供内容は一部条件がある」との記載があるため、【希望通りの施術が受けられることを保証するものではない】ということを念頭に置いておきましょう。

何度も言いますが、ミュゼプラチナムも慈善事業ではありません。

銀座カラー会員としては、今回の倒産で腑に落ちないことも多く、憤慨する気持ちもわかります。

ですが、ミュゼプラチナムやその他の支援制度を立ち上げてくれた脱毛サロンは銀座カラーとは全く別の会社で、言ってしまえば利益を度外視してこの支援制度を立ち上げています。

まめこ

もちろん、新規顧客囲い込みの狙いもあるとは思います

銀座カラーで支払った契約金の返金や、銀座カラーの残りの施術回数を保証してくれるものでは決してありませんので、この点に関しては注意しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

まだ発表されたばかりで不明点は多いものの、銀座カラーに通っていた人にとっては、かなりありがたい制度なのではないかと思います。

ミュゼプラチナム 以外にも銀座カラー会員向けの救済プランを発表している脱毛サロンもありますので、銀座カラー倒産で路頭に迷っている人は、この機会にぜひ自分に合うサロンを探してみてはいかがでしょうか。

私の方でも、また新しい情報が入り次第、記事にしていきたいと思います。

銀座カラーに通われていた人が、少しでも救われますよう祈っております。

まめこ

自分も含め。涙

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次