【Vtuberになるには】2Dモデル・3Dモデルの作り方は?種類や方法を詳しく解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
まめこ

こんにちは!
元個人勢Vtuberのまめこ(concon_mameco)です。

今回は、Vtuberになるための最初の一歩である、『2Dモデル・3Dモデルの作り方』についてお話します。

Vtuberになるには、自分の分身となるアバター(=モデル)が必要です。

最近では、簡単にVtuberモデルが作れるアプリやソフトがたくさん開発されており、自力で作ることもできれば、プロのクリエイターさんにお願いしてクオリティの高いモデルを制作することもできます。

この記事では、Vtuber用の2Dモデル・3Dモデルを作るにはどのような方法があるのか、詳しく解説していきます。

\ イラスト1枚でVtuberになれる /

【IRIAM(イリアム)】

イラスト1枚で誰でもVtuber・Vライバーになれる配信アプリ【IRIAM(イリアム)】。

Vライバー専用のプラットフォームで、オリジナリティあふれる配信者がたくさん!

【IRIAM(イリアム)】の特徴

  • 自分だけのオリジナルキャラクターで配信できる!
  • 一定の条件を満たすことで収益を得ることも可能!
  • モデリング知識や多額の投資が不要!
  • バーチャルライブ配信アプリとして最高位の評価を獲得!
まめこ

Vtuber!・Vライバーに大人気のアプリです!

(PR)
IRIAM(イリアム) - 新感覚Vtuberアプリ

IRIAM(イリアム) – 新感覚Vtuberアプリ

IRIAM Inc.無料posted withアプリーチ

\ 今すぐVtuber・Vライバーになろう /

目次

Vtuberモデル作成方法の種類

Vtuberモデルの作り方は、主に以下の4種類です。

  • スマホアプリを使って作る
  • PCソフトを使って作る
  • 自分でモデリングをする
  • プロのクリエイターに依頼する

Vtuberとしての活動内容やテーマが決まっている場合、それに合わせてモデルを作ることが重要です。

やりたい活動によっては、スマホアプリで作ったモデルではできなかったり、新たに機材が必要になったりする場合があります。

作ったあとに後悔しないためにも、以下の点を考慮してVtuberモデルを作ると良いでしょう。

Vtuberモデル制作のポイント
  • どんな活動をしていきたいか
  • どのくらいの費用をかけられるか

どんな活動をしていきたいかによって、モデルの作成方法は異なります。

また、費用を多くかけられるほどクオリティの高いモデルを手に入れることができ、活動の幅を広げられます。

まめこ

まずは、自分のなかでのイメージを明確にしておきましょう

スマホアプリを使って作る

Vtuberが流行し始めた当初はパソコンでしか作れなかった3Dモデルも、現在はさまざまなスマホアプリを使って作成することができます。

無料でモデル作成できるスマホアプリも多いので、手軽にVtuberになりたい人におすすめの方法です。

こんな人におすすめ!
  • スマホでライブ配信をしたい人
  • パソコンを持っていない人
  • モデル作成に費用をかけられない人

スマホアプリでVtuberモデルを作る際に必要なもの

それぞれのアプリに対応するスマートフォンが必要です。

スマホのスペックは高い方が、よりさまざまなアプリに対応できるでしょう。

新しい機種はフェイストラッキング機能が付いているものが多いですが、古い機種だと付いていないものもあるので注意しましょう。

スマホアプリで作る場合のメリット・デメリット

メリットデメリット
スマホ1台でモデルが作れる
決められたパーツやパラメーターを選択するだけなので、モデル制作が簡単
モデル作成後すぐにライブ配信が可能なアプリもある
他の人と見た目が似てしまい、オリジナリティが出せない
アプリによって活動内容が限られるため、様々な活動をしたい人には向かない
アプリによっては作ったモデルを外部利用できない

Vtuberモデルが作れるスマホアプリ

Vtuberモデルが作れるスマホアプリは、主に以下のものです。

モデル作成と配信ができるアプリモデル作成のみができるアプリ
BIGO LIVE(ビゴライブ)
REALITY
topia(トピア)
ピカピカ
VRoidモバイル
カスタムキャスト
MakeAvatar

一つのアプリでVtuber活動が始められるのが『モデル作成と配信ができるアプリ』、作成したモデル利用の自由度が高いのが『モデル作成のみができるアプリ』です。

まめこ

思い描いた活動ができるアプリはどれだろう?

モデル作成から配信までできるアプリ

モデル作成から配信までできるアプリは、基本的にアプリで作ったモデルデータを抜き出して他のプラットフォームで利用することは禁止されていることが多く、二次使用ができません。

その代わり、アプリ内で作成したモデルを使ってライブ配信ができたり、アプリ内での収益化の仕組みが確立されていたりと、そのアプリ一つでVtuber活動をまとめて行えます

モデル作成のみができるアプリ

一方、モデル作成のみができるアプリは、作成したモデルをアプリ以外のプラットフォームで使うことができ、アプリの機能だけに拘らない自由な活動をすることが可能です。

  • 一部、利用に制限を設けている場合もあります。

その代わり、作ったモデルを動かしたり、動画を撮影して配信したりする方法を自分で探さなくてはなりません。

PCソフトを使って作る

PCソフトを使えば、モデリング知識がなくても3Dモデルが作れたり、自分で描いたイラストを2Dモデルにしたりして、Vtuberモデルを作成することができます。

まめこ

私もこの方法で自分の3Dモデルを作りました!

スマホアプリで作るよりも手間がかかりますが、比較的オリジナリティのあるモデルを作れます

ソフトによってはモデル作成に時間がかかるものもあるため、モデル作成にある程度の時間をかけられる人や、自分の手で独自のモデルを作りたい人自分のイラストをVtuberモデルにしたい人におすすめの方法です。

こんな人におすすめ!
  • パソコンを持っている人
  • 自分で試行錯誤しながら独自のモデルを作りたい人
  • モデル制作の時間が確保できる人
  • モデル用のイラストが描ける人

PCソフトでVtuberモデルを作る際に必要なもの

自分の使いたいPCソフトに対応できるスペックのパソコンが必要です。

まめこ

PCは高性能であればあるほど良いです!

また、イラストを自分で描く人は、別途イラスト描写用のペイントソフトなどが必要となります。

主なイラスト制作ソフト

PCソフトで作る場合のメリット・デメリット

メリットデメリット
スマホアプリよりも自由度が高く、オリジナリティのあるモデルが作れる
モデリングの知識がなくても、ある程度時間をかければ自分好みのモデルが作れる
自分のイラストをVtuberモデルにすることができる
モデル制作に時間がかかる
ソフトによっては操作方法が複雑で少し難しい
作ったモデルを動かすためには、別のソフトが必要になる

Vtuberモデルが作れるPCソフト

Vtuberモデルが作れるPCソフトは、主に以下のものです。

3Dモデルが作れるPCソフト自分のイラストを2DモデルにできるPCソフト
VRoid Studio
Animaze by FaceRig
Live2D Cubism
まめこ

プロのイラストレーターに依頼して描いてもらう方法もあります

3Dモデルが作れるPCソフト

PCソフトを使って、自分で3Dモデルを作る方法です。

モデリングの知識がなくても、ソフトを使ってオリジナリティのあるモデルを作ることができます。

自分のイラストを2DモデルにできるPCソフト

自分でVtuberモデルの元となるイラストを描き、そのイラストをPCソフトを使って2Dモデル化する方法です。

自分でイラストを描けない場合は、プロのイラストレーターに依頼して描いてもらい、そのイラストを使って自分で2Dモデルを作ることもできます。

自分でモデリングをする

モデリング知識がある人や、モデリングの勉強をして自分で一から作りたい人は、この方法がおすすめです。

時間がかかりますが、完全にオリジナルのVtuberモデルを作ることができます。

こんな人におすすめ!
  • パソコンを持っている人
  • 完全オリジナルのモデルを作りたい人
  • モデリングや3DCG制作の知識がある人
  • モデル制作の時間が確保できる人

自分でモデリングをする際に必要なもの

自分の使いたいモデリングソフトに対応できるスペックのパソコンが必要です。

まめこ

PCは高性能であればあるほど良いです!

また、マウスでの操作は難しいことが多いので、鉛筆のような操作ができるペンタブレットや液タブレットなどがあると便利です。

自分でモデリングをする場合のメリット・デメリット

メリットデメリット
完全オリジナルのVtuberモデルが作れる
細かいテイストまで工夫して再現することができる
人型以外のモデルも作成可能
モデリングや3DCG制作の知識が必要
モデル制作にかかる時間が膨大になる
作ったモデルを動かすためには、別のソフトが必要になる

モデリングができるPCソフト

モデリングができるPCソフトは、主に以下のものです。

無料のモデリングソフト有料のモデリングソフト
BlenderMaya
まめこ

本格的にモデリングを学びたい場合は、有料ソフトがおすすめです

無料のモデリングソフト

Blenderは誰でも無料で使えるので、モデル制作における初期コストを抑えることができます。

有料のモデリングソフト

Mayaはプロも愛用するソフトなので高機能ですが、プログラミング知識がないと使いこなせない機能も多いです。

プロのクリエイターに依頼する

予算のある人やクオリティの高いモデルが欲しい人は、イラスト制作やモデリングをプロのクリエイターに依頼する方法がおすすめです。

好きなイラストレーターさんやクリエイターさんに依頼することで、自分好みのテイストのVtuberモデルを作ることができます。

こんな人におすすめ!
  • 自分でモデル制作をする時間が取れない人
  • モデル制作のための費用が出せる人
  • 自分好みのテイストのモデルが欲しい人

プロのクリエイターに依頼する際に必要なもの

依頼するための費用のほか、やりとりをするための連絡先や、出来上がったモデルを受け取るためのパソコン等が必要です。

まめこ

依頼する費用はクリエイターさんによって異なります

金銭を伴うことになるので、うまくコミュニケーションが取れない場合はトラブルに発展する可能性があります。

プロのクリエイターに依頼する場合のメリット・デメリット

メリットデメリット
完全オリジナルのVtuberモデルが作れる
自分好みのクリエイターさんに依頼ができる
人型以外のモデルも作成可能
依頼するための費用がかかる
メッセージのやりとりや金銭授受でトラブルが起きる可能性がある
作ったモデルを動かすためには、別のソフトが必要になる

プロのクリエイターに依頼する方法

プロのクリエイターに依頼する方法は、主に以下の2種類です。

仲介サービスを利用するクリエイター本人に直接依頼する
SKIMA

ココナラ
クラウドワークス
Live2D公式マーケット nizima
クリエイター・イラストレーター個人
まめこ

人によっては、個人での依頼を受け付けていない場合もあります

仲介サービスを利用する

SKIMAココナラクラウドワークスnizimaなどの、個人間売買の仲介をするクラウドソーシングサービスを利用する方法です。

手数料がかかりますが、仲介サービスが間に入るため、金銭の授受や個人情報漏洩などのトラブルが起きにくいというメリットがあります。

クリエイター本人に直接依頼する

好きなクリエイターさん本人に、メールやDMなどで直接依頼をする方法です。

人気のクリエイターさんの場合は、個人での依頼は受け付けていなかったり、完全に個人同士のやりとりとなるため、個人情報の漏洩リスクや、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

まめこ

なるべく仲介サービスを利用するのが安心だよ!

おすすめのイラスト依頼サービス

【SKIMA】

Vtuberになるには、まずは分身となるモデルが必要です。

イラスト依頼サービスなら、好きなイラストレーターさんにVtuberモデル用の立ち絵イラストやLive2Dなどのモデル制作を依頼することができます。

【SKIMA】で依頼するメリット

  • イラストやデザインに特化しており、Vtuber関連の作品が多い
  • オーダーメイドで依頼できるので、理想とするデザインのイメージを伝えられる
  • ロゴデザインやグッズ用イラストなども依頼できる
  • 金銭のやりとりはSKIMAのシステムを仲介するため、トラブルが起きにくい
まめこ

個性を出すにはオリジナリティが大事!

\ 今すぐ無料で会員登録 /

筆者の場合:PCソフトを使って作る

私の場合、最終的にはPCソフト『VRoid Studio』を使ってVtuberの3Dモデルを自作しました。

Vtuber活動を始めた最初は【トピア(topia)】というスマホアプリでアバターを作っていましたが、【トピア(topia)】で活動していくうちに、スマホアプリでは思い描いているVtuber活動(主にYoutubeでの配信活動)ができないと気づきました。

その後、本格的なVtuber活動が始められるように新たにゲーミングPCを購入し、『VRoid Studio』で3Dモデルを自作し直しました。

モデルが完成するまでにかかった時間

VRoid Studioは、モデリング知識がなくても、ある程度操作方法を覚えればだれでも簡単に3Dモデルが作成できます。

とはいえ、最初は全くといっていいほど操作方法がわからず完全に手探り状態だったので、納得するモデルが完成するまでにはかなりの時間がかかりました。

モデル制作にかかった時間

1日当たりの作業時間:2~3時間

トータル所要期間:約1カ月

まめこ

制作中は、慣れない作業で肩こり・頭痛がひどかったです

PCソフトで作った3Dモデルの満足度

総合評価
( 4 )

出来上がったモデルは、プロ制作のものと比較すれば拙いながらも、自分なりのこだわりポイントもあり、かなり愛着を持てるモデルが出来上がりました。

Vroid Studioを使って配布されている衣装などの着せ替えも可能なので、素人が無料で3Dモデルを自作するにはオススメのソフトです。

また、VRoid Studioで作成したモデルは、『VRMファイル』としてデータを取り出して外部サービスで使うこともできるので、かなり利便性があります。

VRoid Studioは、私のように『本格的にVtuber活動したいけど、なるべくお金はかけたくない人』や、『時間がかかっても、自力でオリジナリティのある3Dモデルを作りたい人』におすすめです。

イラストが描ける人は、描いたイラストをスマホアプリで動かしてVtuber活動をすることもできます。

(PR)
IRIAM(イリアム) - 新感覚Vtuberアプリ

IRIAM(イリアム) – 新感覚Vtuberアプリ

IRIAM Inc.無料posted withアプリーチ

将来的に、Vtuberとして収益を得ながら本格的に活動していきたい人は、専門学校で学ぶのも一つの手です。

最近ではVtuber向けの学科も多く設立され、さまざまな学校でVtuberになるために必要な知識や技術を学ぶことができます。

まめこ

Vtuber活動における複合的な知識を身に付けられます

Vtuberを目指せる学科のある専門学校
代々木アニメーション学院
アミューズメントメディア総合学院
総合学園ヒューマンアカデミー
東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校
大阪スクールオブミュージック専門学校
名古屋ビジュアルアーツ・アカデミー
バンタンクリエイターアカデミー

\ 2024年4月≪Vtuber科≫新規開講 /

代々木アニメーション学院の特徴

  • 1978年創業の老舗で、現在でも活躍中の卒業生を多数輩出
  • 東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台・広島・金沢の全国8校舎で 同水準の教育
  • デビュー・就職を支える充実のサポート体制
まめこ

なんと!あの『にじさんじ』運営のANYCOLOR株式会社がカリキュラムを監修協力!

\ 代アニで基礎からしっかり学ぶ /

まとめ

今回は、Vtuber活動を始めるにあたっての初めの1歩【2Dモデル・3Dモデルの作り方】について、具体的な方法をいくつかまとめてみました。

一言でVtuberモデルを作るといっても、様々な方法がありますよね。

ぜひ、ご自身の希望に合ったVtuberモデルの作成方法を見つけていただければ幸いです。

\ Live2D社公式のアプリケーション /

【nizima LIVE】

シンプルな操作性と高いトラッキング性能が特徴の【nizima LIVE】。

アバターと自分の顔をカメラで同期して、表情をLive2Dモデルに反映できるLive2D公式アプリです。

オリジナルアバターがなくても、すぐにVTuberとして活動が可能!

初心者にもわかりやすい使用感をもちながら、トラッキング精度の高さ、 設定の拡張性や応用性は既存のVtuberの方でも満足できるクオリティです。

【nizima LIVE】の特徴

  • Live2D公式のトラッキングソフト
  • 初心者でもわかりやすい
  • iPhoneとの接続が可能
  • コラボ機能搭載で最大8人のコラボが可能
  • 無料版のままでも利用可能
まめこ

有料版はライセンスも比較的安く使えるのでおすすめです!

無料版でトラッキングを40分間お試し!

よかったらシェアしてね!
目次