VRoidモバイルで撮影するには?カメラモードの様々な機能と操作方法を徹底解説!

狐崎まめこ

こんにちは!
ボイトレVTuberの狐崎まめこ(concon_mameco)です。

今回は、VRoidモバイルで撮影する際の操作方法や様々な機能について説明します。

VRoidモバイルではさまざまな撮影機能が搭載されています。

フィルターを自由にカスタマイズしたり、キャラクターに動きを付けて撮影することが可能です。

カメラモードの操作方法に加え、どのような機能が備わっているのか、詳しく解説していきます。

目次

VRoidモバイルで撮影できる場所は?

VRoidモバイルでは、撮影画面にある全ステージ内で撮影することができます。

ステージ内であればどこでも好きな場所で写真が撮れます。

ホーム画面

右下のカメラマークを押すと、各ステージ選択画面になります。

撮影は、各ステージ内で可能です。

VRoidモバイルのカメラモードの操作方法

カメラモードの画面と操作方法について説明します。

カメラモードへの移行方法

各ステージに入り、下部(中央・左側)に表示されているカメラのイラストの部分をタップすると、カメラモードに移行します。

ステージ内での操作方法や各ステージの特徴についてはこちら

カメラモードの画面説明

カメラモード終了
キャラクター変更
撮影サイズ・フィルター調整
キャラクターの移動
エモーション・ポーズの変更
シャッターボタン
ジャンプ/上昇する

撮影サイズ・フィルター調整

上記の画像内の【③】の部分を押すと、撮影サイズやフィルターの調整ができる画面になります。

撮影サイズ・フィルター調整の画面説明

撮影サイズの変更
フィルターを解除
フィルターのカスタマイズ
フィルターを選択

撮影サイズの種類

  • Full
  • 16:9
  • 3:2
  • 4:3
  • 1:1

フィルターの種類

17種類のフィルターから選択できます。

  • Ice
  • Iron
  • Blue
  • Pro
  • Bright
  • Emo
  • 70s
  • Gold
  • 60s
  • Noir
  • Mono
  • Future
  • Comic
  • Sketch
  • Tone
  • VHS
  • Boy

フィルターのカスタマイズ画面

ここでは、パラメータ調整によるフィルターのカスタマイズができます。

カスタマイズ項目

カスタマイズできるのは以下の11項目です。

  • 明るさ
  • コントラスト
  • 色温度
  • 色相
  • 彩度
  • ヴィネット
  • 被写界深度
  • ブルーム
  • グレイン
  • 色収差
  • フレーム

エモーション

エモーションやポーズに合わせて表情も変わります。

エモーションの種類

16種類のエモーションから選択できます。

狐崎まめこ

関係ないけど、なんかこいつドヤ顔してるな

ポーズ

ポーズの種類

46種類のポーズから選択できます。

狐崎まめこ

たくさんあるから、背景に合わせてポーズを変えてみるのも楽しいな!

撮影ボタン

撮影ボタン押下後の画面説明

①キャンセルカメラモードに戻ります(撮った写真は消えるので注意)
②マークを追加写真にマークを追加することができます(下記参照)
③保存スマホのカメラロールに保存されます
④VRoidHubに投稿連携しているVRoidHubのアカウントへ投稿できます
⑤共有他のアプリ等へ共有できます

マークを追加する

11種類のマークから選択して、写真に追加することができます。

マークを付けた写真

選んだマークが右下に追加されます。

よくある質問

エモーション・ポーズ選択の白いバーが消えません

vマークを押すとバーが隠れます。

変更したフィルターを元に戻したい

撮影サイズ・フィルター選択画面の『No Filter』をタップすると、変更したフィルターが解除されます

まとめ

いかがでしたでしょうか。

VRoidモバイルのカメラモードの操作と機能について説明しました。

カメラモードの中にもかなり多くの機能が備わっていて、遊べる要素がたくさんありますよね。

各ステージの様々な場所で、お気に入りのモデルを使って写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなたのVRoidライフがさらに充実することを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる