VRoidモバイルの遊び方は?各ステージの特徴と3D空間での操作方法を徹底解説!

狐崎まめこ

こんにちは!
ボイトレVTuberの狐崎まめこ(concon_mameco)です。

今回は、VRoidモバイルアプリの遊び方について説明します。

VRoidモバイルでは、自分だけの3Dモデルを作成し、用意された3D空間(ステージ)内を自由に動き回ったり、AR機能で現実世界にモデルを投影させて撮影したりできます。

この記事では、各ステージの特徴と3D空間での操作方法について解説していきます

目次

VRoidモバイルの遊び方

VRoidモバイルでの遊び方は主にこの3つです。

  • モデルの作成
  • AR・3D空間で動く
  • AR・3D空間で撮影する

モデルの作成

VRoidモバイルでは、自分だけの3Dモデルを作成することができます

スマホアプリの中では群を抜いてカスタマイズの自由度が高く、また、自作モデルをクラウド上にアップロードして他のアプリで使用することもできます。

VRoidモバイルでの3Dモデル作成方法についてはこちらをご覧ください。

AR・3D空間で動く

3DモデルをARで現実世界に投影させたり、3D空間で動かすことができます

VRoidモバイルで作った3Dモデルの他、VRoidHubからインポートしたモデルを呼び出すことも可能です。

AR・3D空間で撮影する

3Dモデルを呼び出して、ARや3D空間でポーズを取らせて撮影することができます

ひとりで撮影

自分の呼び出したモデルだけがいる空間です。

みんなで撮影

知り合いと空間を共有して、チャットでの会話や一緒に撮影ができます。

ステージ紹介

ホーム画面の右下にある『カメラマーク』をタップすると、各ステージ選択画面に移ります。

AR

ARモードを使って、現実世界に3Dモデルを呼び出すことができます。

ARとは:現実にある景色に、コンピューター上の情報を加える技術のこと。この場合、スマホのカメラ機能を使って現実世界を映した画面に、VRoidモバイルの3Dモデルを登場させることを言います。

OZ

OZの世界に入って、サマーウォーズに出てくるキャラクターと一緒に撮影できます。

OZとは:映画『サマーウォーズ』に出てくるインターネット上の仮想世界のこと。

OZの世界に入って動ける!

OZに登場するキャラクターがいたるところに配置されています。

ぜひ色んな場所に行って、たくさんのキャラクターを探してみてくださいね。

ガリベンガーV収録スタジオ

TV番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』に出てくるスタジオに入ることができます。

超人女子戦士 ガリベンガーVとは:テレビ朝日系列で放送されている、VTuberをメインに据えた教養バラエティ番組のこと。

このステージでは、スタジオ内の操作パネルを使って音楽を鳴らしたり、照明を変えたりすることもできます。

  • 音楽は6種類、照明は2種類あります。

ADさんになりきってカンペを出せる!

  • カンペの文言は10種類あります。

真っ白なカンペも用意されていて、後から自分の好きな言葉を入れ込むこともできます。

番組の名シーンを再現したテロップで撮影できる!

  • テロップは9種類あります。

好きなテロップと一緒にポーズを決めて撮影できます。

花札ステージ

花札が舞うステージに入ることができます。

自分のキャラクターが花札をしている写真も!

この写真のように、ステージ内にある【虹色の泡のようなもの】が浮いている箇所をタップすると、決められたポーズでの撮影も可能です。

狐崎まめこ

なんとも強そうな表情だ…

ペントハウス:昼/ペントハウス:夜

欧米風のオシャレなマンションに入ることができます。

まるで気分はセレブ!

狐崎まめこ

オシャレな室内を歩くだけでも楽しいな!

教室:昼/教室:夕方/教室:夜

学校の教室に入ることができます。

教室内にある椅子は全て座れる!

狐崎まめこ

一人でお弁当を食べてるみたいで、なんだか寂しい絵面だな…

AR・VR空間での操作方法

VR空間の操作画面について説明します。

操作画面説明

このステージから退出できます
同じ空間にいるメンバーを表示します(左側にバーが表示)
メインキャラクターを変更できます
同じ空間にキャラクターを追加できます
・ひとりで撮影:最大10人まで追加可能(ARは不可)
・みんなで撮影:コピーしたリンクを友人などに共有できます(最大4人)
キャラクターを移動させることができます
カメラモードへ移行します
エモーション・ポーズ選択のバーが画面下に表示されます
キャラクターがその場でジャンプ/上昇します

椅子の座り方

ガリベンガーV収録スタジオ・ペントハウス・教室では、ステージ内にある椅子に座ることができます。

座れる椅子の近くに移動すると、人型マークが現れます。

人型マークをタップすると、キャラクターを座らせることができます。

  • 座る向きは指定できません。

チャット画面

みんなで撮影モードでは、同じ空間にいる人とチャットで会話できます。

チャット画面の開き方

画面左側中央にある、吹き出しマークをタップします。

チャット画面

入室情報や、会話が表示されるチャット画面が開きます。

  • チャット画面を閉じるには、画面の真ん中にある『<』マークをタップします。

最新の会話がキャラクターの真上に表示

この表示は数秒で消えます。

  • 新しい会話がある場合、吹き出しマークの右上に赤い点が表示されています。

カメラモード/エモーション・ポーズ選択画面の詳しい説明はこちら

VRoidモバイルの遊び方・よくある質問

よくある質問
動画で撮影することはできる?

VRoidモバイルアプリの機能では、写真撮影機能しかありません。

動画を撮影する場合は、スマホの画面収録機能や録画アプリ等を使う必要があります。

モデルの表情は変更できる?

残念ながら、表情を変更できる機能はありません。

ただ、エモーションやポーズを選んだ際に自動で表情も変化します。

VRoidモバイルの遊び方・まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

VRoidモバイルの遊び方や各ステージの紹介、3D空間内での画面操作について解説しました。

VRoidモバイルの醍醐味は、なんといっても3D空間を自由に動き回れることにあります。

お気に入りの場所を見つけて、キャラクターに様々なポーズを取らせてみるのも面白いかもしれませんね。

ぜひVRoidモバイルの3D空間でたくさん遊んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる